統合医療とは

統合医療についてのいろいろな考え!
厚生労働省・・・「近代西洋医学と相補(補完)・代替療法や伝統医学等とを組み合わせて行う療法であり、多種多様なものが存在します。」
日本統合医療学会・・・「統合医療とは、さまざまな医療を融合し患者中心の医療を行うものです。科学的な近代西洋医学のみならず、伝統医学と相補(補完)・代替医療、更に経験的な伝統・民族医学や民間療法なども広く検討しています。」
国立補完統合衛生センター[米国]においては、「統合医療」を、「従来の医学と、安全性と有効性について質の高いエビデンスが得られている相補(補完)・代替療法とを統合した療法」

日本統合医療系連合学会では、統合医療について次のように考えております。
「統合医療とは、近代西洋医学、伝統東洋医学及び総合医療カウンセリング等を統合した医療技術により総合的に治療する医療を言います。」
近代西洋医学が主流で伝統東洋医学は二次的な補完的または代替医療として見られている場合が多いと思います。
しかし、東洋医学は二次的または補完的ではなく、未病概念も存在し古くから健康管理についても積極的で、両者の根本的な医療に対する姿勢は共通だと思います。東洋医学も伝統的医学から発展させ最先端東洋医学を研究し発展させています。ただし、近代西洋医学と伝統東洋医学には考え方の大きな相違があります。

統合医療を、別の表現をすれば近代西洋医学と伝統東洋医学の良いところを取り発展させる医療とも言えます。ただ、人は偏見と思い込みの動物ですがサイエンスを基にして偏見と自我を捨て、近代西洋医学と伝統東洋医学のそれぞれの立場から医学という真理を求めて真の医科学を探求すべきと思います。

例えば、針治療を例にとると医師からは「何の効果もない」と言われ。鍼灸師は「なんでも治せる」と言う。どちらも間違いであることは誰でもがわかることですが譲ることをしません。長い我が国の医学の歴史が邪魔をするのです。

針は、近代医学の場合も、ペインブロックや不妊治療に効果を上げています。しかし、それだけではなく、どのツボにどのように針を刺せば、どのようなホルモンの分泌が促進され体にどのような影響を与えるかを研究しなければなりません。中国では早くからその研究を進めて成果を挙げていますが、我が国の鍼灸界は中国鍼灸を批判して学ぼうとしません。そこにも大きな問題が潜んでいると思います。
そして、WHOが、鍼灸の有効性を認めていることも知らなければなりません。


統合医療をわかりやすく式にすると、下記のようになります。
統合医療 → 統合医療体系=(近代医学+東洋医学+補完・代替医療等)+総合医療カウンセリング
統合医療は、医師をリーダーとしてチーム医療で行い、専門医療人が連携し体系を立てて行う医療です。近代西洋医学と補完・代替医療等を併用するのみの医療は統合医療ではありません。医師をリーダーとして近代西洋医学、補完・代替医療等の各専門医療人が連携し体系的に治療を行うことを統合医療と言います。



鍼灸の素晴らしさ! ➡ こちらをクリック

テキストのコピーはできません。