統合医療のエビデンスの重要性とEBM!

治療行為や薬剤が、病気、疾病に対して有効であることを科学的に証明する証拠をエビデンスと言います。健康保険等が使える医療行為はエビデンスがありますが自由診療のほとんどにエビデンスがないことが不安です。エビデンスのない治療行為を有効と信じていたために真に有効な治療を受けられづに手遅れになることさえあります。しかし、エビデンスの無い治療行為や健康食品を全く否定するものではなく、エビデンスのある治療行為を否定して代替医療、補完医療や統合医療を受けるべきでないと考えます。

当連合学会は、迷信や思い込みを排してエビデンスに基づく統合医療を推進したいと考えます。


以下は、厚生労働省「統合医療情報発信サイト」より
3、「根拠に基づく医療」(EBM)を理解しよう

もう一歩進んだ「情報の見極め方」

3. 「根拠に基づく医療」(EBM)を理解しよう

『情報」をチェックできたら、次に大切なことは「自分が実際に何かをする時、その情報は頼れる『根拠』になるか?」ということです。食品を買う時、サプリメントを飲むかどうか決める時、病院でいくつか治療法を示されて迷う時など、さまざまな場面で頼れる『根拠』は必要になります。「情報」を『根拠』にして良い判断をしたいことは、医療者も同じです。

ここでは、「根拠(エビデンス)に基づく医療」(英語ではevidence-based medicine、略してEBM)のお話をします。EBMとは、最良の「根拠」を思慮深く活用する医療のことです。EBMは、たんに研究結果やデータだけを頼りにするものではなく、「最善の根拠」と「医療者の経験」、そして「患者の価値観」を統合して、患者さんにとってより良い医療を目指そうとするものです。

意思決定するときのチェックポイント

意思決定に影響する要因は「根拠」、「価値観」、「資源」の3つであると言われています。「根拠」は、これまで紹介してきた通り、さまざまな情報として得ることができます。その情報だけではなく、利用できる費用・時間・労力などの「資源」や、解決したいことや望むことなど、一人ひとりが求める「価値観」によって、私たちは物事を選んだり、決めたりしています。

例えば、ある疾患の治療について、たとえランダム化比較試験で「最もよい方法」と示されたとしても、自分では払えないほど高額な費用がかかる場合は、もう少し安い他の方法を選ぶかもしれません。
また、ある治療について、システマティック・レビューで「高い効果があるが、副作用の問題がある」と示されていたら、自分には副作用を避けたいという希望がある場合は、副作用が出にくい別の治療を選択するかもしれません。
このように、情報として得られる「根拠」だけでなく、自分自身のもつ「資源」や「価値観」もよく見つめながら、意思決定するように意識しましょう。

テキストのコピーはできません。